略礼装 付け下げ


礼装の着物には、おめでたい「慶事」と不祝儀の「弔事」の正礼装、準礼装、略礼装があります。


略礼装の着物には付け下げ、色無地、江戸小紋などがあり、既婚者(ミセス)、未婚者(ミス)の区別なく着用できます。


略礼装の着物には1つ紋が用いられ、格式ばらない、略式ということで染め抜き日向紋だけでなく、陰紋や縫い紋なども多く使われます。紋を入れない訪問着、付下げ、色無地なども略礼装となります。


●付下げ・付け下げ訪問着
付下げとは片山に向かって、上向きになるよう模様つけされた着物をいいます。
最近の付下げ訪問着の中には、仕立てあがると訪問着と区別のつかないものもあり、値段は訪問着より安価で柄ゆきは訪問着に近いということで人気があります。着物によっては1つ紋をいれる方もありますが、入れない場合も略礼装として扱われます。

フィード