略礼装 江戸小紋

礼装の着物には、おめでたい「慶事」と不祝儀の「弔事」の正礼装、準礼装、略礼装があります。


略礼装の着物には付下げ、色無地、江戸小紋などがあります。既婚者(ミセス)、未婚者(ミス)の区別なく着用できます。略礼装の着物には1つ紋が用いられ、格式ばらない、略式ということで染め抜き日向紋だけでなく、陰紋や縫い紋なども多く使われます。


▼江戸小紋
江戸小紋は一般的には、小さな柄の小紋を呼んでいることが多いようですが、伝統工芸品でもある本来の「江戸小紋」は色、柄ともに品格があり、とても高価なものです。この着物に1つ紋を入れると略礼装の着物となりパーティーやお茶会などにも着用できとても便利です。江戸小紋も地色が寒色系であれば、色無地同様に半喪服として使えます。

フィード