準礼装 色無地


冠婚葬祭や儀式および出席する時に着用する礼装の着物には、おめでたい「慶事」と不祝儀の「弔事」の正礼装、準礼装、略礼装があります。


準礼装の着物には振袖、色留袖、訪問着、付下げ、色無地があります。既婚者(ミセス)、未婚者(ミス)の区別なく着用できます。結婚式、披露宴に招待された側である場合、正礼装では少し大げさに感じる時、お茶会、パーティーなどに着用できます。準礼装の着物には、染め抜き日向3つ紋もしくは1つ紋が用いられます。


●色無地
色無地は紋の数、合わせる帯などによって格が異なる着物です。準礼装として用いる場合には、細かな地紋で格のあるものに3つ紋をいれます。

フィード