準礼装 訪問着


冠婚葬祭や儀式および出席する時に着用する礼装の着物には、おめでたい「慶事」と不祝儀の「弔事」の正礼装、準礼装、略礼装があります。


準礼装の着物には振袖、色留袖、訪問着、付下げ、色無地があります。既婚者(ミセス)、未婚者(ミス)の区別なく着用できます。結婚式、披露宴に招待された側である場合、正礼装では少し大げさに感じる時、お茶会、パーティーなどに着用できます。準礼装の着物には、染め抜き日向3つ紋もしくは1つ紋が用いられます。


▼訪問着
訪問着は、留袖や振袖の次に格の高い準礼装の着物として、既婚者(ミセス)、未婚者(ミス)の区別なく、結婚式、表彰式、パーティ、お茶会、お見合いなど幅広く着用でき、便利な着物の一つです。訪問着は、絵羽といって縫い目で模様が切れないような模様付けがされていて、そのため反物のように巻物でなく、仮絵羽(かりえば)の状態で呉服屋さんや百貨店などに並んでいます。 準礼装の訪問着として、3つ紋か1つ紋をいれますが、1つ紋の方が扱いやすく着用の範囲が広がります。

フィード