準礼装 振袖

冠婚葬祭や儀式および出席する時に着用する礼装の着物には、おめでたい「慶事」と不祝儀の「弔事」の正礼装、準礼装、略礼装があります。

準礼装の着物には振袖、色留袖、訪問着、付下げ、色無地があります。既婚者(ミセス)、未婚者(ミス)の区別なく着用できます。結婚式、披露宴に招待された側である場合、正礼装では少し大げさに感じる時、お茶会、パーティーなどに着用できます。準礼装の着物には、染め抜き日向3つ紋もしくは1つ紋が用いられます。


▼振袖


準礼装の振袖は、正礼装の本振袖のように下襲や比翼をつけた仕立てをしません。

振袖に限っては染め抜き紋だけでなく、振袖の雰囲気に合ったもの縫い紋や加賀紋なども用いられ、1つ紋を入れます。

最近では、振袖の紋の有無は重要視されないようで省略することが多いようです。

振袖には袖の長さによって大振袖、中振袖、小振袖がありますが、小振袖は最近ほとんど見かけなくなりました。

フィード