正礼装 喪服


冠婚葬祭や儀式および出席する時に着用する礼装の着物には、おめでたい「慶事」と不祝儀の「弔事」の正礼装、準礼装、略礼装があります。

正礼装の着物には黒留袖、本振袖、色留袖、喪服があります。正礼装は礼装の中でもっとも格が高いので、染め抜き日向5つ紋をいれ着用します。


▼喪服


不祝儀の着物である喪服は、既婚者(ミセス)、未婚者(ミス)の区別はありません。

喪服は黒無地で関東では羽二重、関西では縮緬が好まれ、染め抜き日向5つ紋をいれ着用します。

本来は白の下襲をつけたともいいますが、「不幸が重なる」などいわれることから、最近ではほとんどつけないことが多いようです。

小物については、長襦袢と半襟以外はすべて黒とします。しかし地方によっては黒でなく白が不祝儀の装い(=喪服が白)というところもあるようです。

フィード