正礼装 色留袖

冠婚葬祭や儀式および出席する時に着用する礼装の着物には、おめでたい「慶事」と不祝儀の「弔事」、正礼装、準礼装、略礼装があります。


正礼装の着物には黒留袖、本振袖、色留袖、喪服があります。正礼装は礼装の中でもっとも格が高いので、染め抜き日向5つ紋をいれ着用します。


▼色留袖


色留袖とは、地色が黒以外の留袖のことで裾模様の着物をいいます。染め抜き日向5つ紋で下襲もしくは比翼仕立てをしたものは黒留袖と同格となり、正礼装の着物として扱われます。

5つ紋の色留袖は正礼装の装いですので、格の高い柄ゆきを選ぶことも重要です。

宮中では黒が禁色であることから、色留袖を用います。

また気の張ったパーティー、国際的な行事、結婚式で近親者でない方が出席する場合などに色留袖を着用し、小物は白で統一します。

フィード