正礼装 本振袖


冠婚葬祭や儀式および出席する時に着用する礼装の着物には、おめでたい「慶事」と不祝儀の「弔事」の正礼装、準礼装、略礼装があります。


正礼装の着物には黒留袖、本振袖、色留袖、喪服があります。正礼装は礼装の中でもっとも格が高いので、染め抜き日向5つ紋をいれ着用します。


▼本振袖


本振袖は未婚者(ミス)の慶事正礼装で、袖の長さももくるぶしまである格調高い、絵羽模様の着物をいいます。

本来は黒地のものを黒振袖、黒以外のものを色振袖という分類をし、また黒留袖同様に染付け日向5つ紋で下襲をつけたものが正式とされます。

本振袖は結婚式や披露宴での花嫁の衣装として、正式な儀式で着用されていましたが、最近では仕立て面でも下襲でなく、比翼仕立てが多く、また現在ではそれらの目的で本振袖を誂える方も少ないようです。

フィード