正礼装 黒留袖


冠婚葬祭や儀式および出席する時に着用する礼装の着物には、おめでたい「慶事」と不祝儀の「弔事」の正礼装、準礼装、略礼装があります。


正礼装の着物には黒留袖、本振袖、色留袖、喪服があります。正礼装は礼装の中でもっとも格が高いので、染め抜き日向5つ紋をいれ着用します。


▼黒留袖


黒留袖は既婚者(ミセス)の慶事正礼装です。

江戸褄(えどずま)や裾模様ともいわれ、模様が裾の部分に、上前の襟下(=褄)から後ろ身頃にかけてあるところからよばれます。

染め抜き、日向、5つ紋をつけ、下襲(したがさね)をすることがきまりごとになっています。

下襲とは、着物(この場合、黒留袖)と同じ形の着物を下に毛一枚着用することをいいますが、最近では省略され、比翼仕立てといって、衿、袖口、振り、裾に別布をつけ2枚重ねてきているように見せる仕立てをします。

フィード