うそつき襦袢

●うそつき襦袢
袖の部分を長襦袢に似せていることから、うそつき襦袢というユニークなよばれかたをしています。着物などの余り布、不要になった着物、羽裏(はうら)の残布(ざんぷ)、八掛(はっかけ)などの布を用いた襦袢の袖で、身頃は吸湿性のある晒(さらし)やガーゼなどの木綿を使った半襦袢です。袖に使った、共布があるようでしたらお揃いの裾除けを作ると、長襦袢顔負けの二部式の襦袢になります。おしゃれな襦袢ですが、あくまでも趣味の着物に着用するものですので、礼装には着用できません。着物を多くお持ちの方や着物に合わせて何枚も長襦袢は必要ない方に好まれ、とても便利です。単衣の長襦袢を作った残布でうそつき襦袢を作ると、一石二鳥です。
フィード