下着の着装順序

着物を着付けする場合に着物や帯にばかりを意識される方が多いですが、長襦袢をはじめとする下着は土台となるのでとても重要です。よく足袋を裾除け、肌襦袢を着た後に履かれる方がありますが、着付けの下地が乱れる原因となります。着装順序なんて関係ないと思われる方も多いですが、和装は下から順に重ねて着用していきます。着物や帯をつけた後では手直しがとてもしにくいものです。

着装順序
足袋→裾除け→肌襦袢→補正→長襦袢→着物→帯

足袋(たび)
足元美人といわれるように、着物は白い足袋をはくので洋服以上に足元が注目されます。自分のサイズに合ったぴったりのものか、きつめのものを履きます。しわの入ったものやサイズの大きい足袋はみっともない印象になります。
裾除け(すそよけ)
スカート状になった、巻き込み式のものなら着物と同じ打ち合わせにし、長襦袢より2、3センチ短くなるように着ます。
肌襦袢(はだじゅばん) 着物に合わせて衿をくります、衣紋(えもん)をぬくといいます。前は長襦袢から出ないよう浅めに打ち合わせます。
補正
補正は下着ではありませんが痩せた方、太った方など体型に合わせてタオルなどを用いて着物に合う体型にします。(画像はカラータオルですが)タオルは「白」を用います。
長襦袢(ながじゅばん)
肌襦袢の衿が見えないように長襦袢を着ます。長襦袢の着方により着物姿が決まるといっても過言ではありません。着物は襟元ひとつでだらしなく見えたり、老けて見えたりします。振袖を着る場合や若い方は深めに打ち合わせをします。
着物
フィード