染め(後染め)の着物


後染めの着物は白生地、反物(織物)になってから染色するので後染めの着物に分類され、一般的にさわった感触、風合いからやわらかい着物、染めの着物とよばれます。


きものの格としては、先染めの着物より後染めの着物のほうが上になります。


先染めの着物である紬はふつう街着とされますが、最近多くみられる後染めの紬(紬地の訪問着など)は柄付けによって気の張らないパーティなどに着ていくことができるものもあります。


後染めの着物を素材別であげると、絹の着物では縮緬(ちりめん)、羽二重(はぶたえ)、綸子(りんず)、絽(ろ)など、木綿(もめん)の着物では浴衣地、麻の着物では着尺地、ウールの着物ではシルクウール、紬ウール、最近では化繊の着物にも後染めのものがあります。

フィード