織り(先染め)の着物



先染めの着物は反物(織物)になる前、糸の段階で染色し反物(織物)にするので先染めの着物に分類され、一般的にさわった感触、風合いからかたい着物、織りの着物とよばれます。


きものの格としては、先染めの着物より後染めの着物のほうが上になります。


先染めの着物である紬はふつう街着とされますが、最近多くみられる後染めの紬(紬地の訪問着など)は柄付けによって気の張らないパーティなどに着ていくことができるものもあります。


先染めの着物を素材別であげると、絹の着物では紬(つむぎ)、御召(おめし)、紗(しゃ)など、木綿(もめん)の着物では久留米絣(くるめがすり)や弓浜絣(ゆみはまがすり)などの絣、唐桟縞(とうざんじま)、阿波(あわ)しじらなどが、また麻の着物では、宮古上布(みやこじょうふ:画像)、越後上布(えちごじょうふ)などの上布、小千谷縮(おじやちぢみ)などの縮、ウールではウール御召、紬ウール、シルクウールなど、また最近では化繊の着物にも紬のようなものがあります。

フィード