和装コート衿の種類

和装コートの衿にはさまざまなものがあり、コートは丈だけでなく衿で個性を表現することもできます。道行衿といわれる小衿を四角く、額縁のような仕立てにしたものが一般的です。このほかに、洋服の衿をとり入れた千代田衿、同じく洋服の雰囲気のへちま衿、道行衿の角をとった都衿、子供物にも用いられブラウスの衿のような被布(ひふ)衿のほか、道中着に用いられる道中着衿、着物衿コートに用いられる(着物と同じ)広衿などがあります。道行衿以外の多くのコート衿は和服には珍しく、洋服と同じく型紙を作って衿を作り仕立てられます。千代田衿、へちま衿、都衿、被布衿以外の型紙を用いる珍しい衿もまとめてみました。衿ひとつでかなり違った印象のコートになりますので着物をさらに楽しむことができます。



道行衿
千代田衿
へちま衿
都衿
被布衿


道行衿 ・道行衿(みちゆきえり)
道行衿は衿のあきを四角にし、小衿を額縁のようにふちどった衿をいいます。道行衿は直線と直角の組合せから、お仕立てがとても難しいのですが、和装コート=道行コートと定着していて、コートの衿の中では、定番でもあることから礼装用のコートの多くは、道行衿を用い広く好まれています。
千代田衿 ・千代田衿(ちよだえり)
千代田衿は、大正時代中期に洋服の衿から和装コートに取り入れられたようで、そのことから直線立ちではないので、和裁にしては珍しく型紙を用いお仕立てします。胸の明き、衿の形は着る人の体型や好みによって調整しますが、お若い方は、衿幅を広めにとった方が胸元が美しく見えおすすめです。
・へちま衿
へちま衿は字のごとく、衿の形が植物のへちまに似ていることからその名がついたようです。へちま衿も千代田衿と同じように、洋服から取り入れられたもので、そのため直線断ちではないので型紙を用いお仕立てします。落ち着いた襟元の印象からか、年配の方に人気があります。
・都衿(みやこえり)
都衿は、道行衿の額縁の角部分に丸みをつけた衿の形をいいます。丸みがついていることから「丸衿」とよばれることもあり、都衿の衿は洋裁のように型紙を用い作られます。丸いカーブが美しく、少し違った印象をと思われる方に人気のようです。
・被布衿(ひふえり)
被布衿は、洋服のブラウスを思わせるような小振りのかわいらしい小衿がついています。その印象から若い方に向いている衿といえます。



大正衿
扇衿
木瓜衿
雲井衿
三日月衿


和装コートも豊富、京都きもの市場
フィード