江戸褄模様(えどづまもよう)

留袖などに用いられる、裾模様のよび方のひとつに江戸褄模様があります。その江戸褄模様はさらに、江戸褄模様、江戸褄両褄模様、大江戸褄模様、江戸褄腰高模様、片褄模様、褄模様に分けられます。褄(つま)とは着物の衽(おくみ)をさします。

・江戸褄模様(えどづまもよう)
江戸褄模様は、着物の上前の前身頃と褄に模様があります。
江戸褄両褄模様(えどづまりょうつまもよう)
江戸褄模様は、着物の上前、下前の前身頃と褄に模様があります。
大江戸褄模様(おおえどづまもよう)
大江戸褄模様は、江戸褄模様に後ろ身頃まで模様を加えたもので、上前から後ろ身頃そして下前へと模様が続いています。江戸褄が発展し、派手になったもので、江戸褄後掛(あとがかり)模様、新江戸褄模様ともいわれます。
江戸褄腰高模様(えどづまこしだかもよう)
江戸褄腰高模様は、褄から後ろ身頃にかけての模様が、腰の位置あたりまでの高さがあるものをいい、江戸褄腰掛模様ともいわれます。
片褄模様(かたづまもよう)
片褄模様は、着物の下前の裾に模様があるものをいい、上前でなく、下前ですから一見模様があるのかわかりません。そんなことから趣味的な着物や着物通の方に好まれたようです。
褄模様(つまもよう)
褄模様は江戸褄の原型ともいえる模様付けで、上前の褄のみに模様づけされたものをいいます。
フィード