洗い張り

着物洗い張り洗い張りは、着物を縫っている糸を解(と)いてから洗うことから、「とき洗い」ともいわれ、昔からある着物のお洗濯方法です。

ドライクリーニングは石油系の薬剤で洗濯する方法ですが、洗い張りは「水」で洗いますので出来上がりはさっぱりし、手元にくると新品の着物になったような気がします。

洗い張りの手順は簡単にいうと、着物をほどき一反の着物の形にしてから洗います。(糸をほどいてお洗濯をしますので、お洗濯後は仕立て直し(お仕立て代)が必要になります。

洗い張り後のお仕立てでは、新品の反物から仕立てる場合と違い、
前後の身頃を入れ替えたり、裾が切れている八掛を変えたり、派手になった八掛を地味なものに変えたり、汚れた表地に好みの色をかけたり(染め替え)して新たな着物に仕立ててもらうことができます。

また、縮みやすい生地で着物として用布が足りなくなったら(=着物にできない)、コートや帯に仕立て直すこともできます。

着物はいろいろと着回しができとても便利で合理的です。洗い張りは仕立て直しのこともありますので、着物の知識のある専門店や呉服屋さんにお願いするのが安心です。


洗い張りなど着物のお手入れについてのご相談は
着物染み抜き



フィード