羽裏・コート裏・肩裏

羽織の裏には羽裏、コートの裏にはコート裏を、また単衣仕立ての場合は肩裏を用います。

羽織の場合、脱ぐ機会は少ないかもしれませんがコート類は訪問時には必ず脱ぐことになり、畳んだり、預けたりと裏地は思った以上に目立ちます。手描きや型染めの友禅、更紗や絞り染、ぼかし染など、おしゃれな方、着物通の方はこれら裏地にこだわって選ばれます。色柄も重要ですが、実用面ではすべりの良い、脱ぎ着のしやすい羽二重や平綸子などの生地を用い、表地との調和を考えます。

羽裏やコート裏、肩裏も揃います京都きもの市場
フィード