コート丈・寸法

和装コート

コートの丈は、目的や好みによってさまざまな丈があります。

長コートといわれる対丈、防寒、礼装目的の9分丈コート、9分丈コートでは少し長いと感じる場合は8分丈コート、ふつうよりやや長めに7分丈コート。もっともポピュラーな半コートとよばれる6分丈コートなどがあります。

寸法は、袖丈は着物の袖丈から約0.8~1センチマイナス、裄は約0.8~1センチ足したものを用い、コート丈は一般的な半コートで身長の0.6から0.65を基準とし年齢や体型、生地、好みで加減しますが防寒、礼装、おしゃれなどの目的や好みなどで丈を決めます。背の低い方はコート丈で印象が違ってきますので特に注意しましょう。


 さまざまなコート丈 
6分丈
半コートは6分丈コートともいわれ和装コートの中で最も一般的な丈のコートです。着丈(長襦袢の丈)の0.6から0.65くらいを目安とし仕立てられます。太ももの辺りまでの長さで、他の丈と比べ短く軽快な印象でおしゃれコート、普段着用、街着用と身長や年齢に関係なく幅広く用いられています。下に羽織を着る場合は、コート丈に気をつける必要があります。着物の裾は45~50センチくらい見える長さです。
7分丈
7分丈コートは背が高い方などで半コート(6分丈コート)では短く感じる場合や半コートでは寒く感じるので防寒用として、他にセミフォーマルな装いになどの目的で用いられます。コート丈は着丈(長襦袢の丈)の0.7を目安とします。丈は膝くらいまでの長さで少しの長さの違いですが、半コートより落ち着いた印象になります。
8分丈
長コートでは長く感じたり、半コート(6分丈)コートでは防寒にならず、短く感じる場合などにフォーマル用、防寒などの目的で8分丈コートが用いられます。同様に少し長めの9分丈コートもあります。着丈の目安としては着丈(長襦袢の丈)の0.8くらいの長さを基準とします。膝頭がかくれるくらいの丈で、着物の裾が20~25センチ見える程度の長さのフォーマルな印象のコートです。
9分丈
長コートでは長く感じたり、半コート(6分丈)コートでは防寒にならず、短く感じる場合などにフォーマル用、防寒などの目的で9分丈コートが用いられます。着丈の目安としては着丈(長襦袢の丈)の0.9くらいの長さを基準とします。ふくらはぎあたりまでの丈で、着物の裾が10~5センチ見える程度の長さのフォーマルな印象のコートです。
対丈
長コートとは着丈(長襦袢の丈)に1~2センチ足した寸法、対丈で仕立てます。しかし着付けの仕方や帯の位置、体型などにより多少加減します。丈が短いと着物の裾が見えたり、また雨コートの場合、雨が着物にはねて意味を成しません、また丈が長いと草履や下駄に引っかかって歩きにくいこともあります。それに長コート、雨コートは着物と違い、内揚げがないので丈直しが難しいなどの点から着物、帯をした状態で着丈を決めることをおすすめします。雨コートは雨の日用に支度しますが、長コートはフォーマルな装い時や防寒用として用いられます。フォーマル用として仕立てる場合は、生地なども吟味する必要があります。紬で長コートで普段着にというのもしゃれていますし、加えて防水加工をすると雨コートにもなります。

和装コートのことなら、京都きもの市場
フィード