羽織と着物

羽織と着物は、色もしくは柄で組み合わせしますが、色だけや配色だけでなく格や雰囲気などの面でのつり合いを考えることも大切です。

色で合わせる場合、濃淡だと無難な印象、淡色同士だと上品な印象、濃い色同士だと個性的な印象、同系色の濃淡だと洋服感覚で現代調の印象になります。また柄で合わせる場合は、着物と羽織を同じ柄にすると甲乙つけがたくなりますので組合せとしては好まれません。柄の大きさでは着物が大きな柄なら、羽織は小紋柄など、着物と羽織の柄の大きさを反対に組合せるとスッキリした印象になります。また着物と羽織の雰囲気を統一することもポイントで、古典柄の着物に現代風のモダンな羽織は合いません、古典柄の着物には古典柄の羽織、現代風の着物には現代風の羽織が合います。

羽織の紐選びも脇役ではありますが大切です。羽織との調和だけでなく、羽織を着用した時に帯幅の3分の1あたりの位置、帯締めと帯揚げの間に位置しますので、それら帯揚げ、帯締めとの調和を考え選びます。

フィード