夏羽織(なつばおり)

夏羽織は、着物のうすものといわれる生地で単衣仕立てにした羽織をいいます。絽や紗、紋紗、羅、レースなど涼しげな透けた素材を用います。初夏の6月、初秋の9月頃に着用します。暑い時期にもう一枚着るのですから、おしゃれもしくは改まった場面で着用されます。絽や紗の羽織に1つ紋、3つ紋を入れると略礼装となります。

フィード