絵羽織(えばおり)

絵羽織には、手描き友禅、絞り染、ろうけつ染、刺繍、縫い取り縮緬のぼかし染、小紋型染の絵羽風などさまざまな技法のものがあります。肩から裾にかけて模様のあるものや格式の高い文様の絵羽羽織は、慶事の略礼装として用いられます。その他柄ゆきが趣味的なものや絞りの絵羽羽織は、かしこまった席というより華やかさのある場面、お正月やご祝儀のお席や会食、観劇などに着用するのに向いています。絵羽羽織は、華やかでぜいたくな印象の羽織です。

フィード