色無地羽織(いろむじばおり)

柄のある小紋やお召しの着物に色無地の羽織を着ると、柄が重なることなくスッキリとまとまった印象になり、黒とは違った華やかさもあって着物、羽織それぞれが引き立ちます。改まった雰囲気とおしゃれにと着用範囲が広いのが魅力です。縮緬や綸子の生地で地紋のあるものを選び、最終的に黒に染めて黒羽織にできるのも和服のよいところです。

フィード