羽織の種類

羽織姿は最近あまり見かけなくなりましたが、羽織は帯つきと違った魅力があり、簡単に脱ぎ着ができおしゃれでいてとても便利です。羽織は和装コートと違い、(お茶席を除いては)室内でもそのまま羽織っていても良いとされていますが、最近では羽織はおしゃれの要素が強く、略礼装の羽織や親しい間柄の訪問時などを除いては脱いだほうが無難なようです。また女物の羽織は男物の羽織と違い、正礼装、略礼装の着物には着用しません。羽織の種類としては、紋付羽織、絵羽の羽織、無地の羽織、小紋の羽織などがあります。紋付羽織と絵羽の羽織は小紋やお召しなどの着物に羽織ると略礼装となり便利です。羽織には、防寒用だけでなくおしゃれやちりよけという意味もあります。羽織の衿は、寝かしたような状態で、わざと外側に折った仕立てになっていますので衿を立てずにそのまま着用します。

・種類で分類
紋付黒羽織(1つ紋・3つ紋)
色無地の紋付羽織(1つ紋・縫い紋)
絵羽の羽織
その他の羽織(小紋の羽織・紬、ウールの羽織・茶羽織)

・生地や技法で分類
紋綸子、綸子
縫取縮緬、縮緬
絞りなど

・季節で分類
袷羽織
単衣羽織
夏羽織
フィード