帯留め

帯留めは、帯締めと同じように装飾的な意味と結んだ帯を押さえる目的を持っています。中央部に締めるので目線もいきアクセントになる装飾小物です。帯留めには彫金、鋳金、陶器、木彫りのものから珊瑚や真珠、宝石などで装飾されたものがあり、それを細い平打ち(平組で幅の細い組紐)の真田紐という帯締めに通し、お太鼓を結んだ帯の中で結び始末します。(※真田紐は、帯留の紐だけでなくさまざまな用途に用いられています。)帯留は目的に応じた場にふさわしいものを用います。しかしアクセサリーとしての位置づけなので礼装や喪、お茶席などでは用いません。

フィード