帯枕


帯枕は帯揚げで包んで帯が下がったりくずれたりするのを防ぎ、帯の形を整える目的を持っています。スポンジやへちまや綿などを芯にして布地で巻いて作られています。大きさは大中小、形状も横長のものから厚みのあるものまでさまざまで、年齢や用途に応じ使い分けます。厚みがあり大き目のものは、若い方や振袖、礼装の袋帯に、薄くて小振りのものは喪の装いや年配の方などに向いています。
フィード