伊達締め


伊達締めは長襦袢と着物の胸元を整え、胸元のくずれを防ぐ目的で用いられます。細い帯状で先は結べるよう柔らかくなっています。薄手でしっかりしたもので、色落ちしないものが適しています。最近ではゴム状で扱いが簡単なものがありますが、伊達締めは絹の博多織りが定番となっています。


フィード