半衿


半衿は長襦袢や半襦袢の衿につけて用います。装飾的な意味もありますが、着物の衿元が汚れないためにつけ、長襦袢や半襦袢は頻繁にお洗濯できないので半衿を定期的に付け替えます。塩瀬羽二重が多く用いられていますが、その他縮緬や綸子、夏物としては絽や麻があります。白地が多いようですが、色物や柄物、刺繍の入ったものなど種類が豊富です。


フィード