帯締め

帯締めは装飾的な意味合いだけでなく、結んだ帯を押さえる目的を持っています。中央部に締めるので目線もいきアクセントになる和装小物です。帯締めも帯揚げ同様に着物や帯の中の一色を選ぶと無難におさまります。帯締めには丸ぐけといって、綸子や羽二重などの生地に綿を芯にして棒状にしたものと糸を編んだような組紐があります。また組紐には丸い形状の丸組みと平たい形状の平組みがあります。一般的には平組の方が礼装向けのものが多く高価なものが多いようで、また手組と機械組に分けることができます。礼装には金糸や銀糸の入ったものを選びますが、最近では丸ぐけはあまり用いられないようです。化繊の組紐も多く出回っているようですが、絹製品で手組にものは締める時に伸びて締めた後しっかりと締まりますので着物通の方に好まれます。帯締めにも夏物と冬物があり、夏物にはレースなど涼しげなものを用います。

フィード