帯揚げ



帯上げは帯枕を包み胸元で締めます。現在では装飾的なイメージが強いですが、帯の重さを加減したり、帯の形を整える目的があります。帯揚げは生地がやわらかくてかさばらず、よく締まるものが適していて、色は着物や帯の柄の一色を選ぶと無難におさまります。




帯揚げの始末はお太鼓、二重太鼓には前で結んだり、からげたり(右図)しますが、振袖などは入の字(下図)や藤結びなどで華やかに飾り、絞りの帯締めは結ばないことが多いようです。生地には縮緬、綸子、羽二重などがあり、ぼかしや絞り、小紋染めなどの種類があります。




振袖には絞りの帯揚げ、留袖には白地、喪服には黒地など用途に応じたものを選びます。帯揚げも着物同様に季節があり、帯に合わせて冬物、夏物でコーディネイトします。夏物は絽や紗の帯揚げを用います。



フィード