北陸・信越

富山大聖寺羽二重(だいしょうじはぶたえ)
石川県加賀市大聖寺
胴裏などの裏地
経緯(たてよこ)に撚りをかけない生糸を用いた平織りの織物。肌触り、すべりが良いので裏地に用いられ加賀絹、裏地羽二重ともいわれる。
富山 白山紬(はくさんつむぎ)
石川県石川郡白峰村
着尺地
紬の絹織物。金沢の企業が商標登録しているため、元の白山紬は現在の牛首紬となる
石川 牛首紬(うしくびつむぎ)・釘抜紬(くぎぬきつむぎ)
石川県石川郡白峰村
着尺地、コート地、帯地
釘に引っ掛けても破れず釘がぬけたことから釘抜紬ともよばれる丈夫な紬織物。手取川の岩石が牛の首の形をしているところから牛首紬という
石川 小松綸子(こまつりんず)
石川県小松市
着尺地、羽尺地、帯地、長襦袢地
光沢がありしなやかな絹織物。綸子には紗綾形模様が多い。
石川 加賀友禅(かがゆうぜん)
石川県金沢市
振袖、留袖、訪問着、名古屋帯など
友禅染の一種。藍、紅、紫を主とした色調でぼかしによる陰影があり、京都の本友禅にくらべ重厚で落ち着いた印象。
石川 能登上布(のとじょうふ)
石川県鹿島郡鹿西町、羽咋市
(夏物)着尺地
細い麻糸を用いた手織りの高級麻織物。さらっとした風合いで肌につかず冷ややかな感触が特徴。安部屋縮(あべやちぢみ)ともいわれる。
福井福井春江縮緬(ふくいはるえちりめん)・羽二重(はぶたえ)
福井県坂井郡春江町
白生地の縮緬、裏地などに用いられる羽二重。

福井 越前墨流し染(えちぜんすみながし)
福井県武生市
着尺地、着尺裏地
水面に墨汁を落としできた曲線の模様を布や紙に写し染める技法。洋装のマーブル模様に似ている。
新潟小千谷縮(おぢやちぢみ)
新潟県小千谷市
(夏物)着尺地
重要無形文化財指定の越後縮ともよばれる麻織物。強撚糸を用いてしぼ立てするところが特徴。夏の高級着尺地として有名。
新潟塩沢紬(しおざわつむぎ)
新潟県南魚沼市
着尺地
生糸、玉糸、真綿手紡糸を用いた絣模様の紬織物。単色使いで十字絣や蚊絣、亀甲絣などで大きな文様をあらわすのが特徴。
新潟本塩沢(ほんしおざわ)・塩沢お召(しおざわおめし)
新潟県南魚沼市
絣模様の先染絹織物。生糸を使用し、横糸の強撚糸によるシボ立ちの風合いが特徴。
新潟越後上布(えちごじょうふ)
新潟県小千谷市、十日町市、塩沢市
(夏物)着尺地
平織り高級麻織物。重要無形文化財指定の伝統技法の「本製越後上布」、ラミー糸で高機で織った「古代越後上布」がある。
新潟十日町紬(とうかまちつむぎ)・十日町お召(とおかまちおめし)
新潟県十日町市
着尺地
紬織物。伝統的な絣柄をはじめとして無地、縞、格子、花柄やモダンな柄まで種類が豊富。
新潟 五泉平(ごせんひら)
新潟県五泉市
男物袴地
パラエキス、ログウッド、ゲレップの三種の天然植物染料を用い黒、茶、灰色などの色で染めた精 好 ( せいごう ) 織りの絹織物。高級袴地。
新潟 栃尾紬(とちおつむぎ)
新潟県栃尾市
着尺地、帯地
絣柄の手織絹織物。無地、十字絣、井桁絣、縞絣などもある。
新潟五泉羽二重(ごぜんはぶたえ)
新潟県五泉市
白生地、着尺裏地
羽二重以外に絽(ろ)、パレス縮緬、精華縮緬(せいかちりめん)なども生産されている
新潟 片貝木綿(かたがいもめん)
新潟県小千谷市片貝町
着尺地
木綿織物、無地、縞、格子などの素朴な木綿織物。
長野上田紬(うえだつむぎ)
長野県上田市
着尺地
縞模様の紬、絹織物。縞柄が豊富。
長野 有明紬(ありあけつむぎ)・山繭紬(やままゆつむぎ)
長野県松本市穂高町有明
着尺地
山繭とよばれるヤママユガ科の繭からとった糸(天蚕)と家蚕の繭からとった真綿を手紡ぎしその糸を緯糸、経糸に絹糸を用いた紬の絹織物。
フィード