中部・東海

静岡 遠州木綿(えんしゅうもめん)・遠州紬(えんしゅうつむぎ)
静岡県浜松市
着尺地
紬や木綿などの織物。遠州縞とよばれる縞、格子柄が特徴。
静岡
掛川葛布(かけがわくずふ)
静岡県掛川市
和装小物、(昔)袴地
マメ科の蔓草(つるくさ)からとった葛の繊維を用いた織物。葛布は「かっぷ」ともよばれる
静岡 颯々織(ざざんざおり)
静岡県浜松市
着尺地、羽尺地、コート地、帯地
ざざんざ織りは植物染料で染めた甘撚りの玉糸を用いた縞の絹織物。平織りと綾織がある。ウールのようなざっくりした風合いが特徴。
愛知 有松・鳴海絞(ありまつ・なるみしぼり)
愛知県名古屋市緑区有松町、鳴海町
着尺地、羽織地、帯揚、帯締
絞り染めの一種。鹿の子絞りの略式とされる絞り染めで、簡単な道具を応用し素朴ながら多彩な絞り模様が特徴。木綿染めが多い。
愛知 三河木綿(みかわもめん)・蒲郡木綿(がまごおりもめん)
愛知県蒲郡市
着尺地、帯芯、足袋底
縞や無地の綿織物。厚地の白木綿は帯芯、足袋底、刺し子生地などに用いられる。
愛知
知多木綿(ちたもめん)・知多晒(ちたさらし)
愛知県知多市
浴衣地、晒
知多白木綿は晒の代表的産地。目が詰まっているものほど高級品。縞木綿なども織られていた。
愛知 三浦絞(みうらしぼり)
愛知県名古屋市緑区有松町、鳴海町
着尺地、羽織地、帯揚、帯締
有松・鳴海絞の代表的な技法で、別名豊後絞。また鳥の雛(ひな)に似ていることからひよこ絞、鳥の子絞ともいわれる。
愛知
岡木綿(おかもめん)
愛知県
浴衣地
真岡木綿に似た輸入綿糸を用いた平織りで機械織の白木綿織物。主に浴衣地に用いられる。
三重 松坂木綿(まつさかもめん)
三重県多気郡明和町
着尺地
藍染めの糸を用いた綿織物。縞模様が多い。
三重 伊勢型紙(いせかたがみ)
三重県鈴鹿市
着物の型染めに用いる型紙
和紙を柿渋で加工した「渋紙」を型紙として用い、さまざまな手彫りの技法で模様を彫り抜き着物に型染めする。
岐阜 群上紬(ぐじょうつむぎ)
岐阜県郡上郡八幡町
着尺地
玉繭を手紡ぎした糸を植物染料で染めた手織り織物。絣柄をはじめ縞、格子などがある。
フィード