北海道・東北

北海道厚司織(あつしおり)
北海道沙流郡平取町
帯地、袋物
オヒョウの木の皮の繊維を手で紡ぎ居坐機で織ったアイヌ厚手織物。切伏といわれるアップリケや刺繍でアイヌ模様を施したものもある。
北海道エルム・ユーカラ織(えるむゆーからおり)
北海道旭川市
帯地、羽織
羊毛、絹、亜麻などを用いた手織り紬。ユーカラ(アイヌ語)=伝承
青森
津軽木綿(つがるもめん)・弘前木綿(ひろさきもめん)
青森県弘前市
帯地
綿織物
青森南部裂織(なんぶさきおり)
青森県八戸市
帯地、袋物、ハンドバック
木綿の着物を細く裂いてそれを緯糸に用いた厚手織物。
青森津軽こぎん(つがるこぎん)
青森県弘前市
紺地麻布に白の木綿糸で幾何模様を刺し縫いしたもの。津軽小巾(こぎん)には装飾的な目的だけでなく補強と保温の意味がある。
秋田秋田八丈(あきたはちじょう)
秋田県秋田市
着尺地
浜茄子(茶)山つつじや刈安(黄)などの染料を用いて縦縞や格子柄に織られた絹織物。秋田黄八丈ともいわれ鳶八丈、変り八丈などもある
秋田鹿角茜染・紫紺染(かづのあかねぞめ・しこんぞめ)
秋田県鹿角市
着尺地、帯地、袋物
染料に茜や紫根を用いた染物、無地染め、絞り染めがある
秋田亀田ぜんまい織(かめだぜんまいおり)
秋田県由利郡岩城町
着尺地
ぜんまいの頭に生えている綿と綿花を混ぜて織られた織物
岩手 南部紬(なんぶつむぎ)
岩手県花泉町、岩泉町
着尺地、帯地
岩手 南部紫紺染・茜染(なんぶしこんぞめ・あかねぞめ)
岩手県盛岡市
着尺地、帯地、羽尺、袋物
染料に紫根や茜を用いた染物、南部紫根染ともよばれる
岩手 南部古代型染(なんぶこだいかたぞめ)
岩手県盛岡市
着尺地、帯地、羽尺、袋物
木綿や紬地に藍、紫紺、茜などの染料を用いた型染。向鶴、千羽千鳥、牡丹唐草などの模様がある
宮城 精好仙台平(せいごうせんだいひら)
宮城県仙台市
男子用袴地
縦シワがつかないことから男性用高級袴地として有名。手織り絹織物
宮城
白石紙子(しろいしかみこ)
宮城県白石市
(江戸時代)防寒着
紙は風を通さないことから、紙子を僧侶の防寒着、武士の夜陣の防寒着として和紙にしたものを揉むなどして柔らかくしてから着用
宮城
白石紙布(しろいししふ)
宮城県白石市
袋物、和装
こより状にした和紙を糸として用いた織物。丈夫で軽く肌触り、通気性もよいことから昔は夏の衣料としては最高級品として扱われた。
山形 米琉紬(よねりゅうつむぎ)
山形県白鷹町
着尺地
米沢琉球絣紬の略、米沢紬の中でも特に琉球絣に似た絣柄のものをいう
山形 長井紬(ながいつむぎ)
山形県長井市
着尺地、羽尺地
米沢紬の中でも大絣のものが多く、地方の名から置賜紬(おきたまつむぎ)ともいわれる
山形 紅花紬(べにばなつむぎ)
山形県米沢市
着尺地、帯地
染料に紅花を用いた紬織物。卵色、黄、オレンジ、ローズ、ピンク、青など優しい色合いが特長
山形
白鷹お召(しらたかおめし)
山形県西置賜郡白鷹町
着尺地
緯糸に強い撚りをかけた糸を用いるので大粒のしぼができ、そのため涼しい着心地でシワにもなりにくい高級な手織絹織物。
山形 白鷹紬(しらたかつむぎ)
山形県西置賜郡白鷹町
着尺地
玉糸を用い、十字絣と亀甲絣などの小さな絣柄が特長。結城紬や大島紬などと同じ高機で織られる手織りの絹織物
福島 輸出羽二重(ゆしゅつはぶたえ)・川俣羽二重(かわまたはぶたえ)
福島県伊達郡川俣町
スカーフ地
輸出用に広幅(92cmなど)に織られた薄い絹織物。(和服地以外の用途)スカーフなどの生地として用いられる
フィード