芭蕉布


芭蕉布(ばしょうふ)は沖縄が産地の糸芭蕉で織られた織物のことで、麻とは違った感触で、とても涼しい盛夏の着尺地として用いられます。


皮をとった芭蕉の茎を煮だし繊維質にして、沖縄の植物染料テーチキで染めた糸で織られます。芭蕉布は、国の重要無形文化財に指定されています。


芭蕉布の原料である芭蕉の木が少なくなってきていることから、大変高価な織物となっています。


近年では芭蕉布の風合いが感じられる絹糸で織られた絹芭蕉が一般的となっています。


フィード