お召


お召はお召縮緬の略称で、11代将軍徳川家斉が好んで着用したといわれていて、布全体にしぼがある先染めの縮緬です。


お召は縮緬と違って織る前段階で精錬するので、しぼや風合いが縮緬とは異なります。


ハリがあり、しわになりにくい生地であったため、戦前までは多く用いられていましたが、最近ではあまり見かけなくなりました。


西陣、米沢、十日町、桐生、八王子などが主な産地です。

フィード