縮(ちぢみ)


縮は涼しげな盛夏用の着尺地で、絹、麻、木綿などの糸に強い撚(よ)りをかけて織物にし、その後の加工により布の表面にシワのような「しぼ」を表した織物のことをいいます。


このシワのようなしぼを「しじら」とよばれることもあります。


縮みの産地には、新潟県の越後縮(えちごちぢみ)、小千谷縮(おじやちぢみ:画像)、石川県の能登縮(のとちぢみ)などが有名です。

フィード