絽(ろ)


絽は平織りとからみ織りを組み合わせ、経糸と緯糸をからめて絹目をつくります。


緯糸の本数から三越(みこし)絽(=三本絽)、五越(いつこし)絽(=五本絽)があります。また、絽の目によって経絽(たてろ)と緯絽(よころ)という分けかたをします。


絽には平絽、駒絽、紋絽、絽ちりめん、絽綴れなどがあり、絹糸、レーヨン糸、綿糸で織られます。


軽量ですきまのある織物で、夏物に用いられ、夏生地としてもっとも人気があることから留袖から、喪服、小紋、長襦袢まで幅広く用いられています。

フィード