羽二重(はぶたえ)


羽二重(はぶたえ)は、平絹(へいけん)ともいわれ撚りをかけない糸で織られていることから平らでなめらかな絹織物です。


羽二重の種類には、片羽二重、諸(もろ)羽二重、綾羽二重、塩瀬羽二重、紋羽二重、広幅ものの輸出羽二重などがあります。


一般によく知られる羽二重は、着物や長襦袢の胴裏などに多く用いられていています。


この着物の裏地として用いられる「胴裏」は、疋物といって着物3枚分の長さ(およそ27m)があるものから、留袖用、振袖用などさまざまな種類(長さ)で販売されています。
用途に応じたものを買い求めるようにしてください。


羽二重は乾燥した地方では製織しにくいことから、北陸地方を中心に生産されています。

フィード