縮緬(ちりめん)


縮緬は染めの着物地のひとつで、泉州堺が発祥の地といわれています。


しぼを出した平織りの絹織物で生地の厚さやしぼの大きさなどによってそれぞれ名称があり、一越(ひとこし)ちりめん、二越(ふたこし)ちりめん、縫い取りちりめん、紋意匠(もんいしょう)ちりめん、錦紗(きんしゃ)ちりめん、鬼しぼちりめん、鶉(うずら)ちりめん、絽(ろ)ちりめんなどの種類があります。


また、西陣縮緬、丹後縮緬、岐阜縮緬、浜縮緬(=長浜縮緬)、桐生縮緬、足利縮緬など産地名からとった呼び名でもよばれます。


縮緬は身近な「風呂敷(ふろしき)」などに見られることから馴染みもあり、現在染めの生地として最も多く用いられています。


京都府丹後、滋賀県長浜、新潟県五泉、福井県などが有名な産地です。

フィード