繰越し(くりこし)

くりこしとは和服の衿を抜いた(繰った)ように着るため、衿肩明きを肩山より後ろ身頃側へずらすこと、またはその寸法をいいます。
その寸法は一般的には5分とされていますが、振袖などの礼装用の着物は普段着より多めにしたり、着物の格や着方、好みで5分~8分の間で加減します。また紬などの織りの着物は5分、染めの着物は7分など着物によって繰越しを変える方もあります。

・繰越し 標準寸法 5分(約2センチ)

フィード