衿肩明(えりかたあき)

着物は立体裁断ではないので、洋服のように曲線でないため布地を切り取ったりできないので、布地の肩山の位置に切り込みを横方向にいれて首周りをつくります。その部分、またはその寸法を衿肩明(えりかたあき)といいます。標準寸法の2寸2分~2寸4分(約8.5~約9センチ)を用いますが、年齢や体型、首の太さなどで多少増減します。下に着るものほど衿肩明は小さくなり、羽織などは着物より衿肩明が大きくなります。

・衿肩明き 標準寸法 2寸2分~2寸4分(8.5~9センチ)

フィード