袖付(そでつけ)

袖付けは、身頃と袖が縫い合わさっている部分のこと、またその寸法をいいます。
袖付けは標準寸法を用いることが多いですが、年齢や体型、帯の位置などで多少加減したりします。帯の結ぶ位置から若い方は5寸5分、年配の方は6寸が好まれるようで、振袖などは帯を高い位置に締めるので袖付けは短く、年配の方の着物などは帯を下のほうで結ぶので袖付けが長くなります。若い方が長い袖付けの着物を着ると、つっぱったように感じ着付けや帯が結びにくく、また袖付けの短い着物にお太鼓などの普通の帯結びをすると、身八つ口が開いたようになり、あまり格好のよいものではありません。
・袖付け 標準寸法 5寸5分~6寸(約21~約23センチ)

フィード