着物の衿の形

着物の衿の形着物の衿の形は、衿の幅により、広衿、撥(バチ)衿、棒衿の三種類があります。


広衿は、背中心から衿先まで通しの衿幅で11センチ(3寸)から11.5センチ(4寸)に、バチ衿は三味線のバチのような形をしているのでその名があり、背中心から衿先にかけて自然に広がった形で、背中心で5.5センチ(1寸5分)、衿先で7.5センチ(2寸)に、棒衿は広衿を半分に折った形で、衿幅は背中心から衿先まで通し(=同じ)で5.5センチ(1寸5分)に仕上げます。


バチ衿は長襦袢、広衿は着物、棒衿は浴衣に多く用いられています。


しかし着付けがし難いので着物の衿を「バチ衿」に、胸元をふっくら着付けるために、長襦袢の衿の形を「広衿」に仕立てるなど個性を出される方もあります。


また長襦袢の衿幅は着物から出ないようにするため1、2分寸法を控える(=短くする)のが一般的です。

広衿 バチ衿 棒衿
通しの衿幅
11~11.5センチ
(三寸~四寸)
着物の衿
自然に広がった衿幅
背中心5.5センチ(一寸五分)
衿先で7.5センチ(二寸)
長襦袢の衿など
通しの衿幅
5.5センチ
(一寸五分)
浴衣の衿など
 
フィード