身丈(みたけ)と着丈(きたけ)の違い

身丈と着丈はどちらも出来上がった和服の丈のよび方ですが、それぞれ意味は違います。着丈は長襦袢や雨コートの丈に用い、着るとちょうどの長さのことで対丈ともいいます。身丈は着物(長着)の出来上がりの寸法のことで着丈におはしより分を足した長さのことをいいます。男物の着物はおはしよりがなく、対丈で着るので着物であっても着丈を用います。


・着丈 長襦袢、雨コート、男物長着(着物) ・身丈 女物長着(着物)






フィード