衿下(えりした)・褄下(つました)

衿下は褄下(つました)、竪褄(たてづま)ともよばれその部分、またその寸法をいいます。 衿下は身長から寸法を割り出し、一般的には身長の2分の1とされています。しかし着る人の好みや腰紐を結んだ位置から裾線までを実測し、3~4センチ引いた寸法を用いる場合もあります。歩きにくさの点などから83センチ(2尺1寸5分)くらいを上限とします。

・衿下(褄下) 標準寸法 身長の1/2


フィード