身丈(みたけ)

着物(長着)の身丈は仕立て上がりの着物の長さ、出来上がりの着物の肩山から裾までの長さ、またはその寸法をいいます。
一般的に身丈は身長と同寸としますが、着付け時の腰紐位置が高い人、いかり肩、肉づきのよい人、帯の位置の低い人などは身長にいくらかプラスした寸法を身丈とします。また着物の格、染めの着物、織りの着物など着物の種類によっても長さを加減したりする場合があります。

※長着(ながぎ)とは着物のことで袷長着、単衣長着などと使い、袷の着物、単衣の着物と同じ意味です。
・身丈 標準寸法 身長と同寸 もしくは 身長+α
フィード