身幅の決め方と注意点

身幅が自分のサイズにあっていると背縫い線は後ろ中心を通り、上前衽の衿下(=褄下)の線は下前(右)脇の縫い目にきれいに重なります。身幅を広く仕立てると、太って見えるだけでなく身幅が広い分、身体に巻くことになりますので歩きにくくなります。また反対に身幅が狭いとはだけて気になり、この場合も歩きにくく太ももが目立ちます。身幅の線、何でもないようですが縦の縫い目は自分の身体に合っていないと思った以上に目立つものです。
身幅は衽幅、前幅、後ろ幅からなり、衽幅3、前幅5が美しい比率といわれています。また脇線は身体の真横でなく、やや前よりにくるようにします。こうすることにより、すっきりとした前姿に見えるよう工夫されています。
最近の若い女性は手が長く、ウエストがとても細い方が多いようです。着物は洋服のように身体のラインにぴったり仕立てませんが、スマートで裄の長い方の体型をそのまま身幅の寸法にあらわすと逆三角形の着物になってしまいます。そういう形に仕立てると着物の生地に負担がかかり仕立ても着付けも上手くいきません。そのようなことから前幅6寸5分から7寸、後ろ幅は7寸5分を基準として肩幅とのつりあい等を考慮し決めることが多いです。
フィード