裄の決め方と注意点

裄は着物を自分の寸法に仕立てる上で、実測した寸法を用いる箇所で、故にごまかしがきかない重要な箇所といえますので採寸の際は念入りに計りましょう。採寸は腕を45度に上げ、首のぐりぐりから手首のぐりぐりまでの長さを腕に沿って測り、短めの裄が好みの方は手を肩に水平に上げ測ります。また体の特徴によって、いかり肩、なで肩、布地によって多少加減をしたりします。裄は肩幅と袖幅を足したものですが、外観的には肩幅より袖幅を広く割りふったほうが美しく見えます。(例えば、裄が1尺7寸5分の場合、肩幅8寸5分、袖幅9寸など。)
しかし一般的に反物の幅は通常約6センチ(9寸5分)が規格で、生地により多少前後するものの肩幅、袖幅とも出来上がりで最大約34センチ(9寸)までくらいしかとれません。裄の長い方は、広幅の反物を探されるなど事前に呉服屋さんに尋ねてみて下さい。
フィード