衿下(褄下)寸法の決め方と注意点

衿下寸法は身長の約2分の1内外が標準といわれています。長すぎると着物の前がはだけて歩きにくいので長くても約82センチ(2尺1寸5分)くらいまでにしておきます。また採寸する場合は、腰紐の位置から裾線までの寸法から3~4センチ引いた寸法とすることが多いようです。しかし着る人の好みや、やわらかい着物とかたい着物では裾線の長さが違ったりするので多少の違いがあります。衿下寸法は着付面、見た目にも重要なポイントとなり、衿下が長いと間延びした印象になり、また着くずれの原因にもなります。反対に衿下が短いと野暮ったく、足も短く見えます。このことから、衿先から腰紐の引っかかり分がプラス約3~4センチが見た目、機能的にもよいと思われます。何でもないような衿下。実はとても重要な役割をしているのです。

フィード