身丈の決め方と注意点

身丈は一般的に身長と同寸、もしくは着丈におはしより分を加えた寸法にします。また着物の格やかたい着物、やわらかい着物などで多少長さを加減したりします。着丈とは肩山から裾までの長さをいい、おはしより分の長さとは首から頭の頂点までの長さで25センチから27センチ程度(6寸5分から7寸)をいいます。着装したときのおはしよりの長さは、帯の下から約7~8センチくらい出ているのが美しく見え理想的です。身丈を割り出す際の注意点としては、いかり肩の方、ふっくらした体型の方、年配の方で帯を下目に結ばれる方などは、身丈が普通の方より多めに必要となりますので身長にいくらかプラスされるほうがよいと思います。身丈の割り出しは非常に大切で、長すぎると着付けのときに着にくいだけでなく、紐を高い位置で結ばなくてはいけませんし、またおはしよりが長いということで(視覚的に)足が短く見えます。また逆におはしよりが短いと着くずれしやすく、その上バランスも悪く間がぬけた感じに見えます。身丈と着丈という表現がありますが、それぞれ違い身丈は着物(長着)の長さ、着丈は長襦袢、雨コートの長さに用います。
フィード