江戸小紋の文様

江戸小紋は単色型染めの小紋として江戸時代には武家の裃などにも用いられていました。格が高く、色無地同様に紋をつけると礼装の着物として着用できます。江戸小紋は和紙を柿渋で加工した型紙を数枚重ねて一度に型を彫り、その後染められる手の込んだものです。型彫りには、錐彫り、突き彫り、縞彫り、引き彫り、道具彫りなど彫る柄によって技法や使う道具が異なり、江戸小紋にはさまざまな文様があります。

●錐彫り
行儀小紋、鮫小紋、角通し小紋をはじめとして、
静御前、梅、業平菱
わらび、貝づくし、家内安全など
●道具彫り
からせみ小紋、七宝繋ぎ小紋など
●錐と道具彫り
縞に紙雛など
●縞彫り
縞小紋、雨縞小紋など
●突き彫り
菊柄小紋など

業平菱
わらび
貝づくし
行儀
静御前
力鮫
からせみ
縞に紙雛
フィード